酵素ドリンク 飲み方 優光泉

酵素ドリンクには飲み方の決まりは特にありません。でも理想の飲み方はあります。
お腹が空いたなと思った時、また、間食代わり、また、プチ断食に。
そしてその人にあった飲み方をすることで、ダイエットにまた健康維持にと本来の効果が現れます。

断食道場のノウハウを活かしてファスティングの専門家が開発した、
完全無添加の酵素ドリンク「優光泉」

詳細はこちらから↓↓

酵素ドリンクってどのようにして飲むと効果的なの?

酵素ドリンクが今、ブームみたいだけれど、どのように飲んで良いのかわからないという人もいる様です。

酵素ドリンクの飲み方ってあるの?飲み方に特に決まりはありません。
でもあえて言うのであれば、お腹が空きそうになったときに飲むと吸収率もアップして効果があるのではないでしょうか。

また食事を1食、置き換えるだけでも半日を断食していることになります。
その時は朝食か夕食を置き換えることで半日、内蔵を休めることになります。

売上40万本突破!
優光泉は酵素のことを知り尽くしたプロが作った酵素ドリンクはこちらから↓↓

酵素ドリンク優光泉で色々な飲み方を楽しんでください。

季節にあった飲み方を紹介

冬はホットで飲むと、身体が温まります!

入れたての紅茶に砂糖代わりに優光泉を入れてみてはいかがでしょうか。
酵素ドリンクの飲み方、コーヒー、紅茶に入れてみては?もちろん、コーヒーでも大丈夫です。

でも、熱に弱いという酵素、大丈夫なの?

本来は酵素ドリンクに含まれる酵母菌。70℃以上の温度で効果がなくなってしまいます。
だったら、入れたての紅茶やコーヒーなんかに入れたら、効果がなくなるじゃないの。

ところが、そこがプロも研究済、「優光泉酵素」に含まれる酵母菌は70℃以上の高温にも耐えることができるように培養された耐熱酵母菌です。ただし、いくら耐熱酵母菌といってもぐらぐら煮えたぎったお湯の中へは入れない様にしてください。

ホットでも酵母菌が生きています。ただし熱湯はやはり弱くなります。

暑い夏には炭酸水で夏の冷えを解消!

お好みの量の「優光泉酵素」に氷と冷たく冷やした炭酸水を加えます。

酵素ドリンクの飲み方、炭酸で割ってみては?炭酸水には二酸化炭素が含まれています。
この二酸化炭素が血液に入り込むと、二酸化炭素の濃度が高くなると身体の酵素の濃度もあげようとし、血流が増えます。

血行が促進され、血液の流れが良くなります。
血流が良くなると、血行が良くなり、冷えの解消、老廃物も押し流されるので、疲労回復にも効果があります。

さらに炭酸水は満腹感も得られるので、ダイエットにも効果的です。
炭酸水は砂糖や人工甘味料が入っていないものが良いでしょう。

他にも無糖ヨーグルト、果物に添えても良いでしょう。

優光泉は甘味料の代わりにどんどん使っても大丈夫です。

⇒飲み方は色々、酵素ドリンクは【優光泉】

プチ断食を行う時に注意

朝食や夕食代わりに置き換えダイエットをすることもあると思います。
その時は抜いた次の食事、すなわち朝食を抜いたら昼食前に飲むようにしましょう。

断食で飢餓状態にあるため、どうしても食べ過ぎてしまうことがあるからです。

また、食事を抜くと、塩分が不足しがちです。その時に頭痛、眠気などが襲ってくることがあります。
梅干、味噌汁といった塩分を補給することで緩和されやすいと言われています。

「優光泉酵素」を進める理由

生きた酵母菌

単なる「野菜ジュース」と違います。60種類の九州産の野菜を使っています。
優光泉はこれらの野菜・海藻・穀物から抽出した飲む野菜です。

バケツ1杯の野菜をコップ1杯で取れてしまうのはこの優光泉なのです。
現代人の野菜不足の解消につながる超栄養補助食品です。
ダイエットだけでなく、野菜不足が気になる人の健康管理にもおすすめです。

美味しくなければ長続きしない

美味しいという味覚は人それぞれで異なります。
これは絶対美味しいよと言っても、えっ!美味しくないじゃない!ということだってありえます。

だからこそ、開封後でも返品・返金保証が組まれています。

カロリーが低い

カロリーが低い酵素ドリンク一般の酵素ドリンクと比べると、カロリーが低いです。
白砂糖ではなく、麦芽糖抽出で製造されているので、白砂糖よりカロリーが38%OFF。

コストが安い

いくらいいものでも、高いと手が出ません。
食事1食分がコップ1杯分(酵素60CC)で計算すると約345円になります。
(モーニングセットでも500、600円しますよね。)

酵素ドリンクは生活の一部に取り入れていただくことによって不足しがちな酵素を取り込むことができます。

25年以上、断食道場で指導して、在宅断食を実現した「エリカ健康道場」が作成した
オリジナル野菜酵素ドリンクが「優光泉」です。↓↓

↑ PAGE TOP